•                    
                                         カルナータカ口琴 ・ モールシン

                                         
     
                              


     モールシンは、鉄製の口琴である。南インドでは、口琴はモールシンと呼ばれる、と言ってもよい。地方によってはMUHARSINGH、MUKHASANKHAなど名称のヴァリエーションは多いが、いずれにしてもその語源はヴィシュヌ神の聖なるシンボル、SANKHU(法螺貝)に遡る。MUKHAはタミル語などで「顔」、サンスクリット語で「顔」または「口」を指す。ちなみにインドでは古来から、法螺貝は聖なる楽器とされてきた。現在も然るべき場で鳴らされている。 (注)
     
                                         *


     世界各地に見出せる口琴文化のなかで、カルナータカ音楽で使用されているモールシンの特異性は、ひとえにそれがパーカッションとして使用されている、という点にある。もちろん、スタイルとしてパーカッシブに演奏される口琴(例えばインドネシアのゲンゴン)や、リズミカルな音楽に口琴が効果的に使用される例も数多く見出せる。しかし、演奏形態のなかで太鼓らとともにリズムセクションとして確立された地位を与えられている例は極めて少ない。その点、ジプシー発祥の地と考えられている、西インド・ラジャスタン州の民俗音楽に使用される鉄および真鍮製口琴(モールチャンと呼ばれる)、ネパールの民俗音楽に使用される口琴(鉄及び真鍮製がムルチュンガ、竹製がビナヨと呼ばれる)にはある程度同様のことが言えるが、モールシンはとりわけ古典音楽、芸術音楽のなかで、ソロを含め多くの責任ある仕事を義務付けられている。もっとも、モールシンはカンジーラ、ガタムなどと同様、民俗音楽に使用されてきたものが古典音楽に応用され、現在に至った。モールシンに関して、20世紀初頭に素晴らしい想像・創造力をもってこの偉業を成した人物は Aadhichapram Sitarama Iyerである。彼以降、多くのモールシンプレーヤーが出現することとなった。


                                                                        *


     例外的にパーカッションアンサンブルの演奏会・録音というのはあるが、基本的にカルナータカ音楽は声楽曲であり、ヴォーカルの代わりにヴィーナやヴァイオリンをはじめ器楽がリードする場合は、(各々の楽器の特性を生かしつつ)声楽を模倣して演奏される。モールシンはムリダンガムを筆頭にこれの伴奏をするのである。ムリダンガムの即興的な伴奏に追従しつつ、メロディーにぴったりと寄り添ったり、他の楽器とのかけ合いやリズミカルなフレーズの反復、リズムや音色におけるアクセントの提供など、非常に効果的で魅力的な演奏領分を持つ。また、楽器の特性上、倍音の操作という無限の可能性を持つという点は特に重要である。
    そして演奏会のクライマックスには、ソロ及びパーカッションアンサンブルを披露するが、これをThani Arvarthanamと呼ぶ。演奏会のひとつの大きな見どころであり、パーカッション奏者にとっての大きな見せどころである。モールシン奏者た  ちは皆、個性豊かな自身の演奏スタイルを確立しており、それをいかんなく発揮するべく健闘する。


                                                                         *


      ところで、現在、優秀な若手モールシンプレーヤーは少なくない。しかしガタムやカンジーラに比べると、演奏者の絶対数、登場の頻度はかなり少ない。そして残念なことに、芸能における露出は減少傾向にある。
     2006年7月、アムステルダムで開催された第5回世界口琴大会では、Bangalore B.Rajashekarらによるパフォーマンスが世界中の口琴ファンに衝撃を与え、大喝采を浴びた。それ以外にも近年、著名なアーティストの伴奏者として海外での出演を果たしたモールシンプレーヤーも多い。これらを機に、インド国内だけでなく世界中でのモールシンの認知・理解の拡大と、更なるクオリティの向上が切に望まれる。
    (追記) Srirangam S. Kannan に続き、2009年にBangalore B.RajashekarがALL INDIA RADIOの'A-Top Grade'Artistにランキングされた。インド国営放送局による実質的な格付けでの最上位である。このことは、T.R.Harihara Sharma の時代のモールシンへの評価・認識が、現在に至るまでに改新されたことの実証と言える。名人達の功績である。



    (注) モールシンの名称の起源だが、実際には諸説ある。上記の説が一般的ではあるが、「モール」の部分は、ヒンディー語で「孔雀」を意味する「モール」に由来するという説もあるし、「シン」の部分は、ヴィシュヌ神の化身、「ナラシンハ」(シンハ=ライオン)に由来するという説もある。また、日本口琴協会会長・直川礼緒氏は、ペルシャ地方の口琴の名称「チャング」が訛ったものではないか、との見解である。





                                                                                                                                                          








          
                SANKHUを持つ神像
                 

                                   *


             
                
            モールチャン(インド西部)

       
              
                      ムルチュンガ(ネパール) 
        

                                   *
           


              
           2007年11月 L.Subramaniam 日本公演
               モールシン演奏 : Ghantasala Saitya Sai

    モールシンの領分    a domain of the MORSING

    top :

@ カルナータカ音楽概要

A カルナータカ口琴・モールシン

B モールシンプレーヤー名鑑

C モールシンギャラリー

D CONTACT & LINK


    
 

by      Koichi Takehara <MORSING player>       Disciple of PADMASHRI T.H.VIKKU VINAYAKRAM.