モールシンギャラリー     

 
      
(Notice : The name of place under Tamil Nadu state are not mentioned here to avoid all the problem.)

       

        現在、最も流通しているタイプ。   
    Made by S.E.Sanjevi Asari & Family (TAMILNADU)

   
        上は大型のものでピッチはC。フレームも太く、重みがある。
    Made by S.E.Sanjevi Asari & Family (TAMILNADU) 


            少し古いタイプ。弁、枠ともに形状が微妙に異なる。
     Made by S.E.Sanjevi Asari & Family (TAMILNADU)


        S.E.Sanjevi Asari氏。もともとは錠前をつくる職人であったが、後にモールシン職人に転向。それ以前には、
                                              モールシンは同じくタミルナードゥ州のタンジャヴールで作られていた。
                                             現在は高齢のため、主に2人の息子、S.SelvamとS.Ganesanが製造に携わっている。

                    
                ”たがね”で材料から弁を切り出す。             フレームは材料を焼いて打ち伸ばす。                        手作りのモールシン制作専用チューナー。  

    
       右2本がタンジャヴール製のモールシン。1950年頃の製造。製作者不明。  


              T.R.Harihara Sharma氏の遺品。S.E.Sanjevi Asari氏の作品と思われる。
       







         非常に固い弁。音色も固く、ハリがある。
      Made by K.Palchi Muthu (TAMILNADU)








       細い弁。音量は小さいが繊細な音色。ピッチは上がG、下がhighC。
    Made by P.Sudalaiyandi (TAMILNADU)


   
    Made by P.Sudalaiyandi (TAMILNADU)


          
P.Sudalaiyandi氏。彼の作ったモールシンは市場には流通していない。
                                             また、氏は製造だけでなくリペアもこなす。ともに自身の演奏のためのものである。








       タミルナードゥ州産。やわらかい弁で音量は大きめ。製作者不明。








            特別にやわらかい弁で、音量は小さく独特の音色をもつ。産地・製作者不明。




     
  
                                                                                                                                                                                                                                                
















    モールシンの領分    a domain of the MORSING

    top :

@ カルナータカ音楽概要

A カルナータカ口琴・モールシン

B モールシンプレーヤー名鑑

C モールシンギャラリー

D CONTACT & LINK


    
 

by      Koichi Takehara <MORSING player>       Disciple of PADMASHRI T.H.VIKKU VINAYAKRAM.