美容もダイエットも身体の内側からのケアが大切!腸活習慣で健康的な体作り

腸活習慣で腸内環境を整えて腸が元気なれば美容にもダイエットにも効果的!

乳酸菌の種類と効果

生きて腸まで届く!プロバイオティクスとは?乳酸菌との関係は?

プロバイオティクスが摂取できる食べ物

生きて腸まで届くプロバイオティクスとは一体どの様なものなのでしょうか?
似た言葉でプレバイオティクスという言葉も耳にしますね。
プロバイオティクスについてや効果、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌との関係、プロバイオティクスとプレバイオティクスについてまとめてみました。

プロバイオティクスとは?

ヨーグルトのパッケージなどに書いてある「プロバイオティクス」という言葉を目にすることがあると思います。
プロバイオティクスとは胃酸や胆汁酸などの強い殺菌力でも死なずに生きて腸まで届き、人の身体によい働きをする微生物やこの微生物を含む食品のことです。

プロバイオティクスは安全性が高く腸内の常在菌のバランスを改善したり、便の状態を改善するなどの効果が期待できます。
プロバイオティクスの反対の意味を持つ「アンチバイオティクス」は抗生物質のことで、微生物の働きを抑制して病気を治療するものです。

抗生物質の研究が進んでウイルスなどの病気の原因となる細菌に対抗することができるようになりましたが、副作用として病気の原因になる細菌以外にも効果があるため常在菌のバランスを崩してしまう可能性もあります。

プロバイオティクスは菌を抑制するのではなく常在菌のバランスを整えることが目的の腸内環境にとても役立つ微生物なのです。
乳酸菌ビフィズス菌増殖働きを助けてくれる力強い味方です。

プロバイオティクスの条件は?

プロバイオティクスにはこのような条件があります。

  • 胃酸や胆汁酸などの消化管上部のバリアー内でも生存できること
  • 消化管下部で増殖可能なこと
  • 便秘改善、腸内細菌のバランス改善、腸管内の腐敗物質の低下などの効果があること
  • 抗菌性物質の産生や病原細菌の抑制作用があること
  • 安全性が高いこと

「生菌」と「死菌」について

女性のお腹のイメージ

ヨーグルトのパッケージなどで「生きて腸まで届く」という言葉を目にすることがあると思います。
生きて腸まで届くとは、善玉菌が大腸に到達するまで生きているということで、胃酸や胆汁に負けない強く安定した菌のことです。

腸内に届いた「生菌」は常在している善玉菌の増殖を助けて腸内環境を改善するなどの働きをしてくれます。
口から摂取した乳酸菌は数日程度しか生きられず、その間に乳酸を作って腸内環境の改善に役立ちます。

一方「死菌」は死んでしまった菌のことで、死んでしまった菌ですが菌を構成している成分は腸に届きます

死菌は役に立たないの?

生菌死菌のどちらが身体にいいのかといえば、腸内環境を改善するという意味ではやはり生菌です。

しかし死菌は役に立たないわけではなく、菌を構成している成分は生菌にもある免疫力調整の働きを持つため効果が期待できます。
死菌は加工しやすく安全に摂取することができるというメリットもあります。

プロバイオティクスの効果

①腸内環境改善作用
乳酸菌やビフィズス菌にもある便秘を予防・改善し、腸内環境を改善する効果が期待できます。
便秘が改善することによって肌荒れ改善にも役立ちます。
②発がんリスク低減作用
大腸がんをはじめ、乳がん、すい臓がんなどの発症を低減できることが研究で明らかになっています。
③免疫機能調整作用
腸の常在菌を活性化して免疫機能を調整します。
④インフルエンザ感染予防
免疫力を高めて風邪やインフルエンザにかかりにくくしてくれます。
ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株など効果が確認されている乳酸菌があります。
⑤血圧降下作用
生活習慣によって引き起こされる高血圧は様々な病気につながる可能性が高くなります。
高血圧にラクトバチルス・ヘルベティカス・CM4株という乳酸菌の効果が確認されています。
⑥胃内ピロリ菌減少作用
ピロリ菌は胃潰瘍の原因となることで知られており、プロバイオティクスの一部にピロリ菌を減少させる効果があります。
ラクトバチルス・ガセリ・OLL2716株が代表的なものです。

プロバイオティクスの摂り方は?

フルーツとシリアルが入ったヨーグルト

プロバイオティクスを簡単に摂取するにはヨーグルトがおすすめです。
どのヨーグルトを選べばいいのかわからない時にはトクホ(特定保健用食品)の表示があるものを選ぶといいでしょう。

最も大切な事は自分に合っているということで、それを確認するためには実際に食べてみるしかありません。
1つの種類の商品を1日200~300g程度10日間続けて食べてみて、便の様子を観察して下さい。

便秘の解消便の質が良くなったななどの変化が見られたら、その商品は自分に合っているということになります。
プロバイオティクスのヨーグルトを食べる時は空腹時の濃度の濃い胃酸を避けるためにも食間または食後に食べるのがおすすめです。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスと似た言葉で「プレバイオティクス」という言葉があります。
プレバイオティクスは腸内常在菌の善玉菌にのみ働き、増殖活性化を助けて健康効果を示す非消化性食餌成分と定義づけられています。

乳酸菌ビフィズス菌エサとなってその働きを助ける食品で代表的なものがオリゴ糖食物繊維です。
オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖大豆オリゴ糖などがあり、ヨーグルトに合わせるのにピッタリなバナナきな粉にはオリゴ糖だけではなく食物繊維も含まれているのでおすすめです。

プロバイオティクスの効果を高めるためにもプレバイオティクスも意識して摂取するよう心掛けるといいでしょう。

生きて腸まで届く!プロバイオティクスのまとめ

プロバイオティクスとは胃酸や胆汁酸などの強い酸にも負けずに生きて腸まで届くことのできる菌のことです。
生きて腸まで届くことができれば腸内の常在菌のバランスを改善したり、便の状態を改善するなどの効果が期待できます。
しかし死菌になっていても菌の構成成分は免疫力調整作用は失われることなくしっかりと働いてくれます。

可能であれば生菌で摂りたいプロバイオティクスですが、最も大切なのは自分に合った菌を摂取することですので、色々な商品を試してみることから始めましょう。
プロバイオティクスはもちろん、プロバイオティクスのエサとなってくれるプレバイオティクスも一緒に摂ってより良い腸内環境を目指しましょう。

おすすめ
乳酸菌サプリメントのイメージ
善玉菌の代表「乳酸菌」について学ぼう!どんな種類があるの?

善玉菌の代表格である乳酸菌とはどのようなものなのでしょうか? 乳酸菌という言葉はよく耳にしますが乳酸菌についてはよくわからないことも多いのではないでしょうか。 乳酸菌についてや乳酸菌の作用、種類などに ...

執筆者:chou

腸内フローラサプリ購入ランキング

▼腸内環境が気になる方へ!おすすめサプリを選びたいなら♪▼腸内フローラサプリおすすめランキング>>腸内環境改善サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<

❏こちらの記事も人気があります

1

腸内フローラで腸内環境が改善されると、体内のリズムが整い、健康的できれいなからだへと導いてくれます。 しかし、食生活の乱れや、睡眠不足、ストレスなどによって腸内フローラのバランスは崩れがちです。 食事 ...

笑顔のイラストと健康的な女性のお腹 2

オリゴ糖は胃や小腸で分解されないためそのまま大腸まで届けられるという性質があります。 低カロリーで腸内細菌を元気にして増やしてくれる役割があります。 様々な効果があるオリゴ糖ですが、腸内環境を整えるた ...

【真実を暴露】ラクビ(LAKUBI)のホントの効果とは?実際に試した効果と口コミを徹底検証 3

運動したり、食べ物もセーブしているのに毎日モヤモヤして身体が重くて悩んでいる・・・なんて心当たりはありませんか? もしかしたら運動や食事ではなく、腸内フローラに原因があるのかもしれません! そんな心当 ...

美のフローラゼリーパッケージ 4

【美のフローラゼリー】は腸内環境を整えてスッキリとした身体や透明感のある肌などの健康的できれいな身体を目指している方におすすめです。 ゼリータイプなので食べやすく、1包ずつのスティックになっているので ...

-乳酸菌の種類と効果

Copyright© 腸活習慣で腸内環境を整えて腸が元気なれば美容にもダイエットにも効果的! , 2019 All Rights Reserved.